Research trip - Claesson Koivisto Rune - TOKYO CRAFT ROOM

Enduring quality - CLAESSON KOIVISTO RUNE × / sasimonokagu takahashi

“It’s a beautiful idea that craftsmanship is more important than age. It doesn’t matter when something was made, it’s how it was made,” says Ola Rune, co-founder of Stockholm-based architecture and design firm Claesson Koivisto Rune. The architect has just arrived in the small town of Kumano, Hiroshima, where he will continue his dialogue with Yuji Takahashi, his collaborator for the third iteration of Tokyo Craft Room. “When I think about Japanese craftsmanship, one striking example is the shrine at Ise Jingu. Every twenty years they make a replica to replace the existing shrine complex, and by using old techniques they keep tradition alive.”

作りつづけること、使いつづけること - CLAESSON KOIVISTO RUNE × / sasimonokagu takahashi

「いつ作られたのかではなく、どのように作られたか。作品の年代ではなく、その職人の技術に重きを置くという姿勢が素晴らしい」と語るのは、スウェーデンのストックホルムに拠点を置く、建築デザインスタジオ、Claesson Koivisto Rune(CKR)のファウンダーの一人、Ola Rune(ウラ ルーネ)。今回彼は、TOKYO CRAFT ROOMの第三回となるプロジェクトのデザイナーとして、作り手として参加する〈さしものかぐたかはし〉の高橋雄二のアトリエがある広島県熊野町を訪れた。 「日本のものづくりといえば、伊勢神宮の存在が真っ先に頭に浮かびます。昔からある技術を使い、20年ごとに建て替え、伝統を守り続けているということ」